自分の部屋をオシャレに

今の部屋の空間はどんな状態か

まずあなたが今自分の部屋を持っているとしても、今その部屋はどんな状態なのでしょうか。
かなり綺麗になっているのか、または小物が多くごちゃごちゃしているのか、それとも部屋の大きさがそこまで広くないのかなどと問題点がたくさんあります。
それを踏まえて、自分のこれからアレンジしてみたい部屋の雰囲気を考えていきましょう。
おそらく大抵は間接照明での三つのコツと部屋の小物や家具の配置でオシャレに変わっていくので是非とも挑戦してみて経験を積み重ねていってみてはどうでしょうか。
そうすれば後々自分なりの部屋の模様替えのやりやすさに気づくかもしれませんので、悪いことばかりではないと思います。
早速、間接照明のコツの一つを教えていこうと思います。

間接照明の色

間接照明のランプの色は白やオレンジ色の他にも多種多様な色があります。
中には赤色や青色などのランプも売られているのですが、一番おすすめなのはオレンジ色であり、目にそこまで強い刺激を与えない方がゆっくりとリラックスできやすく、家具や小物の影ができて立体的にみられるようになれるでしょう。
逆に赤色や緑色や青色などにしてしまったら目が疲れてしまいがちな上にほとんどの家具の雰囲気には合わないため、なかなかオシャレに仕立てあげることが難しいため、間違いなく上級者のテクニックが必要になってしまうかもしれません。
今はまだ部屋の配置や間接照明での使いこなしに慣れていないという初心者であるならば、是非ともオレンジ色の間接照明を選びましょう。


この記事をシェアする
TOPへ