間接照明について

間接照明の効果は

間接照明の配置によって色々な効果が現れるようになり、使い方だけで多くの効果をもたらすことができます。
具体的にはどんな効果があるのかというと、物を照らすだけではなく、その物に対してどんな雰囲気が生まれるのかという付加価値をつけることができるのです。
例えば、真っ暗な部屋の中に、物を収納できるような真っ黒な小箱、それがあると部屋の雰囲気に対して重々しい感じがしてくるのかもしれません。
そこでオレンジ色の間接照明をその箱に照らすだけで、全体の部屋の雰囲気が明るくなり、黒の小箱に対しての雰囲気も重々しい雰囲気から安らかな雰囲気に変わることができます。
このように雰囲気を変えることができる力を持ったのが間接照明なのです。

関節照明は一つだけではない

部屋の中においてもいい間接照明は一つだけではないのです。
むしろ一つだけしかおいていい決まりなどないのです。
もし自分の部屋がかなり広かったら、間接照明での照らされる光の力ではまだ弱々しいかもしれません。
ならばもっと間接照明を置いて、重要なポイントにオシャレな雰囲気感を保たせるようにしてみることも部屋の模様替えになります。
間接照明を複数配置すること、これが2番目のコツとなります。
ベッドのそばに置くのもよし、部屋の隅において照らして少しリラックスできるようなモダンのある雰囲気に変えていくのもよし、という風に模様替えをしてみることも経験になります。
もちろんアジア系のような部屋にしていくのもいいですし和室にあった間接照明の場合も部屋の隅っこに置くだけでリラックスすることができます。


この記事をシェアする
TOPへ